サンディエゴ留学に不必要!帰国時に困るお荷物5選

こんにちは。そろそろ帰国する準備に取りかかっているkoochablend(@koochablend)です。

サンディエゴへ留学しにくる前、初めての海外で、

絶対に忘れ物だけはしたくない!

と思いながら準備していたのを思い出します。

 

その当時、準備をする中で、

「いざという時に便利だから持って行こう!」と想定して、こちらに持ってきたはいいものの、

結局9ヶ月以上の留学中一度も使わなかった荷物が、

今更になって文字通りの“お荷物”になって困っています。

 

誰もがやりがちですが、この、

もしものために持ってきたけど、結局一度も使わずに持って帰る現象を、

少しでも解消するため、

今回は、アメリカ(特にカリフォルニア)に留学やビジネスで長期滞在する予定の人に向けて、

これだけは絶対に持ってきてはいけない「お荷物たち」

を紹介していきたいと思います!




 

持ってきて後悔…アメリカ滞在中に使わなかった「お荷物たち」

今回は、アメリカ留学、長期滞在において、

これだけは絶対に持ってこなくていいという「お荷物たち」を

ランキング形式で発表していきたいと思います。

 

まずは、第5位から。

第5位「折りたたみ傘」

 

これはアメリカというより、南カリフォルニアついての話ですが、

雨が降るのが当たり前の日本人からしたら、

こっちの気候は異常です。

ロスやサンディエゴの南カリフォルニアでは、

雨が滅っっっっっっっっっっっっ多に降りません!!!

 

って行く前にネットで見て知ってはいたものの、、、

やっぱり傘がないと不安なんですよね!日本人にとっては。

 

しかし、その心配は本当に無用でした!!

こっちに来て以来、9ヶ月以上過ごしてきましたが、

折り畳み傘を使ったのは、

たったの2回だけ!!

 

まあ2回使ったというだけでも持ってきた意味はありましたが、

なくても全然問題ありませんでした!

個人的に、持ってこない方がよかったと思っています。

 

あと、ちなみによくあるのが、折りたたみ傘をホームステイのお土産で日本から持ってくる人。

こっちの現地の人が折りたたみ傘をもらっても、そこまで嬉しがってもらえるかわかりませんので考え物です。

 

第4位「日本のスタバカードなどのポイントカード」

 

スタバは世界どこに行ったってあるぜ!!ポイントいっぱい貯めたろ!!と気合を入れて、

日本では滅多に使わなかったスタバカードを日本から持ってきたミーハーは私のことです。

ミーハーな情弱さんがまずやらかしてしまう問題が、

日本のスタバカードは日本のみでしか使えない

ということ。

 

アメリカに来ると、びっくりすると思うこととして、

コンビニの数よりスタバの数の方が多い

というのが定番ですが、こちらのスターバックスでは、

どの店舗に行っても、日本で買ったスタバのカードは使えません。

 

そのため、アメリカでスターバックスカードを利用する場合は、

アメリカで購入したスタバカード を使う必要があります。

ちなみに、アメリカで購入したスターバックスカードは、

スターバックス公式サイトによると、

Starbucks Cards are accepted at most Starbucks locations in North America, including airport and grocery locations. Starbucks Cards can also be used interchangeably at most stores in the U.S., Canada, Puerto Rico, United Kingdom, Ireland, Hong Kong, Australia, and Mexico.

とあり、アメリカを含めた数カ国での利用が可能です。

 

ちなみに私は、日本にいたときはスタバよりもドトール派だったので、ドトールのカードを米国に持ってきましたが、

はなからドトールはアメリカにはないというのを来てから知りました!!泣(バカなのは知ってます!)

 

ってな訳で、日本からわざわざ持ってきたほとんどのカードは、

日本に帰るまでずっとお財布の中で眠っています。

 

第3位「スケッチブック」

 

留学したら、いろんなものを絵に書いて、それを帰国後にみんなに見せるんだ!

はじめは英語が苦手だから、ホームステイの人との会話で困ったらこれを使おう!

結局、そんな機会はありませんでした。

確かに、絵を書こうと思ったことはあったし、はじめのほうにホームステイでの会話の中で困ったこともよくありました。

しかし、そのときに役に立ったのは、このスケッチブックではなく、

シンプルにスマートフォンでした。

今では、スマホ一つで、

色鉛筆などの画材がなくても色々な絵が描けるし、

会話で困ったとき、絵に書いたりするよりも、

googleの画像検索をして見せたほうが圧倒的に早いわけです。

 

対してスケッチブックは、色鉛筆などの画材が別に必要だし、

サイズも大きくてかさばるので、持ち出すのにかなり手間がかかります。

 

そんなわけで、絵を紙に描くのは、小さい頃から好きなので、スケッチブックに憧れがあった私でさえ、

スケッチブック VS スマホ」では、

留学中は間違いなくスマホに軍杯を上げてしまいます。

 

第2位「日本食」

 

これも意外だと思う人がいると思います!!

 

なぜ日本食を持ってくる必要がないかというと、

近所にたくさんの和食・定食屋さんや、日系スーパーマーケットがあるからです。

 

私の滞在しているところはサンディエゴですが、

サンディエゴにはアジア系の店がたくさんあるConvoy Streetがあります。

ここに行けば、日本食で食べたいと持ったものがほとんど手に入ります。

値段は少し割高なのは仕方ないのですが、

とはいえ日本からわざわざ他の荷物を減らしてまでキャリーバックに日本食を詰め込んでくる必要はないと思われます。

 

また、私のように、

ずっとホームステイをしている人は、

自分でご飯を作る機会があまりないので、

友達などからもらった日本食などが、

今になってとても余っていて若干困っています。笑

 

 

話が逸れますが、最近では日本食ブームもあって、

アメリカでしっかりした日本食が食べられるお店が増えてきています。

特にカリフォルニアは日本人の移住者も多く、

それだけしっかり評価されるので、店側もちゃんと日本の味を再現できないと

潰れてしまうんじゃないかなと思います。

まあ味に関して、日本で食べるのに越したことはありませんけどね!

 

さらに余談ですが、こないだアメリカに旅行にきて、久しぶりに再会した友人が、

わざわざ日本からいっぱい日本食グッズ(お味噌汁やお汁粉など)を持ってきてくれたのですが、

結局こちらで使うタイミングはなさそうです。。。。・°°・( ^ω^ )・°°・。ごめん友よ!!

 

とにかく、日本の食べ物はこちらでも買えるので、

日本からキャリーバックに詰め込んでまで日本食を持ってくる必要は無さそうです。

 

第1位は??

第一位は、なんとこちら。

 

そうなんです。意外かと思うかもしれませんが、

この日本語で書かれた英語教材や小説たちは今まで一度も使いませんでした。

これらは、留学前一番時間をかけて、留学でこれ絶対に使える!!

って思って購入した本たちです。

持ってきた本は、出国前まで本当に必要だと思ったものを絞りに絞ったので、

どの本もクオリティが高く、全て自分のお気に入りの本たちです!!

 

しかしながら、

単語帳やアメリカのスラングについて、ホームステイのマナー色々や、

私の超お気に入りの作家、森見登美彦さんの小説など、

せっかく時間をかけて買って、さらに苦労して持ってきたはいいものの、

留学中一ページも開けないままずっとスーツケースに入りっぱなしでした。

 

人によっては重宝したという人もいるでしょうが、

私の場合、

日本語の本をアメリカであえて読む気持ちにならなかった

ので、そこまで重要ではありませんでした。

 

留学前は、日本語が恋しくなったら読もう。と思っていたのですが、

正直、日本の生活や日本食は恋しくなるものの、

日本語は恋しくなるものではありませんでした。

留学中、語学学校に通っていると、山ほど英語だけの教科書を読むようになるため、

いったん日本語に翻訳して、これはどんな意味で、、、みたいな作業は効率的ではありません。

私は、留学早々、英英辞書を使うようになり、それ以来日本語の本は必要なくなりました。

 

それでも、日本語では表現できるけど英語が出てこない!っていう時もありましたが、

そういう時、私が真っ先に頼りにしたのはこれらの本ではなく、

Google翻訳や、Weblio英和辞典DMM英会話なんてuKnow?などのWebサイトでした。

スケッチブックのところでも述べましたが、最近はなんでもスマホ一つでかなりのことが済んでしまうので、

大変便利な反面、紙媒体が好きな私にとっては少し寂しいですね。(と言いつつスマホをフル活用してる)

 

ということで、これから帰国しようという身には、

苦労して持ってきたこれらの和本が、

重いし、かさ張るしで、一番の「お荷物たち」に様変わりしてしまいました。。_(┐「ε:)_

 

この本たちとその作家さんたちには本当に申し訳ないのですが、

ちゃんと日本に持ち帰った後に読ませていただきますので、お許しくださいませ。。。!!

 

まとめ

いかがでしたか?

必要に見えて、意外に要らなかったりするものって、結構ありますよね。

逆に持ってこなかったもので、後になって必要だったと気づくことだってあります。

 

そういうものを事前に見分けるのは難しいですが、

過去に経験した人の話を参考にすることで、

持ち物リストをより簡単に理想に近づけることができると信じています。

そうした意味で、このブログが、

これからアメリカへ旅行する、もしくは留学やビジネス等で長期で滞在するという人にとって、

役に立つものであればいいなと思います。

 

ということで、今回は、

これだけは絶対に持ってきてはいけない「お荷物たち」

について、ご紹介いたしました。

それではまた次回お会いしましょう〜。

 

written by koochablend

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




コメントを残す