【1日目】暗い夜道で野良犬に追い回され半泣き状態のバックパック初日(成田/バンコク,タイ)

こんにちは。先週土曜日からはじめてのバックパッカーに挑戦しているkoochablendです。

東南アジアとインドの国を約40日間かけて旅します。

まずは1日目、成田空港からタイ・バンコク、そこからチェンマイ行きの深夜バスに乗るまでになります。

初日から、半泣きになるぐらいハラハラドキドキさせられることの連続だったので、かなり疲れました笑

そんなkoochablendの大冒険?を一読していただけたら幸いです。

<AD>
参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

【1日目】初心者バックパッカー(成田〜タイ・バンコク)

自宅〜成田空港

4:30

起床

フライトの出発が9:30なので、その2時間前の7:30に成田に到着するように電車の時間を調べる。

5:00

自宅出発。前日に別れの挨拶をした両親が心配で起きてきてくれた。

もう一度、挨拶(ハイタッチ)をして家を出る。

5:15

近所のセブンでカレーパン購入 ¥138

これを朝ご飯代わりに。

5:40

最寄駅より出発し、横浜駅到着

そういえば航空券のe-ticketを印刷していないことに気づく。

慌てて駅内のコンビニを探す。

京急線改札内にセブン発見!

しかし、6:00開店。

電車が5:53発なので諦める。

コンビニくらい、多分空港にもあるだろうと得意の楽観主義。

5:53

京急線特急・成田空港行き乗車

直通なので途中乗り換え不要!

横浜はどこへ行くにもアクセスが良い。最強。

7:31

成田空港第2ビル 下車

koochablendは日本でSIMを持っていないので、すぐさま空港のFree Wi-Fiを捕まえる。

近くにコンビニがあるか確認。するとすぐ近くにセブン発見!

7:45

e-ticket印刷。ついでにバンコクで乗る予定の深夜バスのチケットも印刷 ¥140

7:50

格安航空会社(LCC)の一つ、scootのチェックインカウンターに到着。

前にはかなりの行列ができていて、チェックインまで15分ほど待つ。

8:05

チェックイン完了。荷物の重量チェックは無かった。

8:15

カレーパンを食べていると出国ゲートが混んでいるのを見て焦る。

チェックインの受付の人が、搭乗ゲートまでは時間がかかると言っていたので、すぐ列に並ぶことに。

8:40

出国ゲート通過。そこから早歩きで10分。

8:55

scoot搭乗ゲート到着。途中お茶購入 ¥140

たしかにここまで来るのに時間がかかった

集合時間は8:50なので、これでも5分遅れ。のんびりカレーパンを食べなくて良かった。

搭乗〜ドンムアン空港

9:10

指定の席に着く。隣には台湾人のカップル。

疲れたのでブランケットを纏い、目を閉じる。

10:30

ふと気づくとすでに飛行機は雲の上だった。かなり寝てしまったみたい。

ここでタイの出入国カードが渡されるので記入。

消えるボールペン(フリクション)しかないけどこれで大丈夫かな?

バンコクまでの飛行時間は7時間。意外とけっこう長いね。

頭がすっきりしたので、文章を書くことにする。

ここで、この記事を書きました。内容は、このバックパック一人旅の準備についてです。

 

途中寝たり起きたりを繰り返して、ようやく着陸準備のアナウンス。

隣のカップルのクチャラー具合が強烈でしたがやっと解放される…笑

15:30(現地時間)

バンコク ドンムアン国際空港に到着。

14:55の到着予定時刻を30分オーバーですが、別に何も気にならず。

16:30

入国ゲート通過。ここまでに結構並びました。

17:00

空港にてSIMカードをゲット B259

はじめは真ん中の会社で契約しようとしたが混んでるから隣!と言われる。

いやプラン違うんじゃない?と言ったら同じ親会社だから平気!と言われた。よくわからん。

結局dtac契約。パスポートと携帯を預ける。

バンコク初のお買い物なので少々不安もあったが、無事完了。

スマホはすでにセットアップしてくれている様子。

速度はかなり快適!容量も無制限と言っていたので安心。




ドンムアン空港〜ナコンチャイエアーバスターミナル

17:15

時間も微妙なので、カオサン通りに行かず、直接深夜バス乗り場へ行くことに。

空港を出て、ローカルバス乗り場を探す。

なかなか場所が分からないので、現地の人に聞く。

乗り場は陸橋を渡ってすぐのところにあるらしい。

言う通り行くとバス停発見

510か555に乗るといいらしい。

それを待つこと15分。510番のバスが来た。

17:30

ローカルバス(510番)乗車

金銭箱を持った人が乗り場を聞いてきて

お金を払う。B15

ローカルバスはとても安い。

ちなみにこっちのバスはドア開けながら走るなんて普通のことのようだ。

18:20

タイ語が訳わからなすぎて一つ前の駅で間違えて降りてしまった。

一駅ぐらい余裕かと思い歩くことに。

18:30

Googleマップで道を調べそれに従う。

周りには大きな道路がたくさん。高速道路の陸橋もあり、それらが立体的に交差している。

しばらく案内に従って歩いていたが、

Googleさんの案内する道がなにかおかしい。

高速道路のような車がビュンビュン通る道を横断するように案内される。

横断歩道も信号もない。まじかい。

ちょうどバイクが同じように横断しそうなので、その後ろをダッシュでついて行くと、

高速道路の陸橋の下の真っ暗なところに来てしまった。

明らかに雰囲気がおかしかった

めちゃくちゃ怖い。

すると横からいきなり野良犬が一匹寄ってきた。

 

びびって飛び跳ねると、そいつがワンと吠える。

 

それに応じるように、

周りからどんどん野良犬が現れて一斉にワンワン吠え始めた。

 

いや、ワンではなく、

バウゥワン!とか、ワオォーン!のようなものだったかもしれない。

 

そんなことはどうでもいいのだが、

めちゃくちゃ怖くなって猛ダッシュでその場を離れようとすると、

 

野良犬の大群も走って追ってきたっ!!

 

やばい!こいつらガチや!喰われる!!

 

と思い、怖すぎ!と本当に叫びながら全力ダッシュ

 

前を走っていたバイクも追い抜くほど走ってたところで振り返ると、

犬たちはやっと私を狩ることを諦めたようで、

遠くで吠えている10匹以上の野良犬が見えた。

 

どでかいバックパックを背負っていたが、

人間死ぬ気になればかなり早く走れるようだ。

そのおかげでかなり疲労した。

18:54

やっとの思いでナコンチャイエアーバスターミナルに到着。

汗だくの中、近くのセブン店内をうろちょろ

カッパえびせんもどき(Hanami)を購入 B20

ナコンチャイエアーのファーストクラスを予約していたので、ファーストクラス専用の待合室で待機する。

普通に僧侶の人がいてタイっぽい。

ファーストクラスのスナックエリアに飲み物とお菓子発見!

試すもあまり美味しくない。

外に出て近くの売店でお水購入 B15 (あとでレシート見たらB10だった笑)

まあもう今はぼったくられても命が助かって良かったので気にしない。

気晴らしに先ほど買ったHanamiを食べる。美味しい。

タイのテレビ番組を見ながら待つ。

20:00

搭乗開始 ナコンチャイエアー、 チェンマイ行き(ネット予約B759)

搭乗員にタイ語で話しかけられる

他の人には英語で、なんで自分だけ?笑

席はリクライニング、テレビモニター、ブランケット付き。

さらにマッサージ機能まで付いている!まさにVIP用バス!!

20:30

弁当、お水、コーラ、お菓子配布

先ほど水買う必要なかった。まあ明日使えるからいいか。

お菓子もさっき買ったのと同様カッパえびせんもどき笑

炒め物ごはん弁当。

はじめはいまいちかなと思ったけど、あとから案外ハマってきた。

ココナッツ風味のピリ辛野菜炒めが美味い。

21:00

なかなか寝付けない。寝違え寸前。

そして車内寒い。ウルトラライトダウンを使用する。

バスの振動がすごい。でもこんなの普通なんだろなー。

気づくとちゃんと寝てました。

(1日目終了)

費用まとめ

日本での出費

交通費 1,831円

飲食費 278円

その他 140円

合計 2,249円

タイでの出費

宿泊費 B0

移動費 B774

飲食費 B35

その他 B259

合計 B1,068

まとめ

初日から野良犬に追われ半泣き

でも命が助かったので良い思い出

大冒険はまだ始まったばかり!

 

ということで、無事初日を終えました。

2日目はチェンマイを散策します。

随時更新していきますので、よろしくお願いします!

それではまた次回をお楽しみに!




最後まで読んでいただきありがとうございます!!

良ければ以下よりシェアしていただければ幸いです!!

Written by koochablend

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です